パソコンにネットワークカメラを接続するのに制約があるなんて知りませんでした。
簡単に繋げるものだと思っていました。
ただ使うだけの立場だったので技術的な問題など知りませんでした。
自分が無知でした。
カメラってただ繋ぐだけでは正常に動作しないんですよね。
設定とか難しそうに感じます。
素人では設定にも専門家のサポートが必要かも?
何かトラブルが起きて自分で解決できないときは専門家がいると安心できますね。

PoE給電・通信距離最大200m迄可能な4ポートPoE給電ハブの新商品(2017年8月1日発売開始)のご紹介です!
エレックスシステムからPoE給電・通信距離最大200m迄可能な4ポートPoE給電ハブの新商品が発売されました。
ネットワークカメラ・IPカメラでPoE給電ハブを利用する場合、
通常通信距離PoE給電距離としてLANケーブルの長さは100m以内に抑える事が必須条件だそうです。
長い距離では使えなかったわけです。
ES-POE105HはLANケーブル最大200mまで通信・PoE給電が可能です。
店舗や工場などの建物が大きい場所などに使えて便利です。
200m可能ネットワークカメラPoE給電ハブは長さが足りなくて困っていた会社さんには重宝します。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック